人生と煩悩


人生を狂わす煩悩

 

人間は煩悩の世界で幸せを求めて生きています 。煩悩の根っこには「時間」と言う煩悩があります

(過去煩悩)(現在煩悩)(未来煩悩)つまり人の一生は「時間」という煩悩と共に生かされているようです。

諸悪の根源に三毒の煩悩があります。「欲」「怒り」「愚痴」の三つ煩悩があります。この三つは毒の根源になるそうです。時間の煩悩に三毒の煩悩が重なると人生の幸運が遠ざかり不運と繋がりやすくなるそうです。


運と波動

「運」の周りに4つの波動が相関しています。
一つめは思考の波動・二つめは言葉の波動・三つめは過去の波動・四つめは未来の波動です。思考や言葉の波動は、過去に繋がり、又、未来と繋がり、波動は運を左右し、運は波動で左右されるようです。
人は時として運が良いとか、運が悪いとか言います。果たして運は生まれ持ったものでしょうか?
宇宙に存在する森羅万象すべての物質・物体は有形無形を問わず固有の波動(振動コード)を持っています。
人間の意識体も同じです。その波動(振動コード)が不調和を起こすと自分の振動コードが乱れてしまうのです。
人は、森羅万象の波動の影響を受け、バランスを取りながら生きています。つまり、波動は循環しています。波動の循環が体で滞れば病になります。波動の乱れは私達の人生にいろんな影響を与えます。
又、波動は調和・不調和という性質があるようです。運の善し悪しや人間関係・仕事・生活・健康などは波動の影響を受けやすいようです。もし、波動の調和と調整ができたら人生はもっと幸せに暮らせることでしょう。
私達は、様々な煩悩の世界で生きていま


幸運は時と共に

10年区切りと言います。

その10年の1年1年を具体的に覚えていますか?

人生80年だとすると、具体的に覚えていない一区切り(10年)を8回繰り返すと人生は終わってしまいます。

つまり、人生のすべては時間の上にしか成り立たないのです。

私達は、どの10年で幸運の「時」を活かしてきたでしょうか?

「時」は時間ではありません。

人は、よくあの「時」この「時」ああすれば良かった、こうすれば良かったと思う「時」があります。

つまり、人生を左右する判断の「瞬間時」であり又、決断する「瞬間時」でもあります。

即ち、「時」は人生が運・不運に調和する波動の調和瞬間「時」です。


あなた「時」のベクトルは不運・幸運どちら

未来は今日創られる

幸運:今日、未来を創造して夢や、幸せ、健康、豊さ、成功などを思考するとプラスの波動に支配され幸運を招きます。

今日は、未来の今日であり、過去の今日ではないのです。

不運:今日、過去を振り向き失敗や後悔、愚痴、嫉妬、羨み、不安などを思ったり言ったりするとマイナスの波動に支配され不運を招きます。

 

今日のプラス思考や言霊は波動が心の小宇宙から大宇宙(未来に)繋がっていきます。

私達の未来は決まっているものでもなく、勝手にやって来るものでもありません。昨日と今日、何か大きな違いがありますか?

昨日と変わらない未来の実現が今日です。明日も同じく今日と何も変わらない未来が実現することでしょう。

それは、誰しもが望まないことです。大事な事は、私達が未来、豊になっている事を、今日、創造しているかということです。

自分を信じて夢や目標に向かう人はプライドを持っています。

プライド(自尊心)は自分の考えや、言動、仕事、才能に自信をもつ事だそうです。自尊心は内なる自分に素直になることで自尊心のバランスは保つ事ができ、三毒の煩悩に惑わされないそうです。

自尊心のある人は、幸運を呼ぶ思考や言霊を持っています。